テラスを最大限に楽しむ家 外構を先行しています。

2017年04月13日

テラスを最大限に楽しむ家では、一部外構を先行して進めています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

少し更新があいてしまいましたが、現場は防護壁施工の後、
基礎配筋、アンカーチェック、耐圧盤打設、設備先行配管と基礎立ち上がり打設と進み、
来週には建て方の予定ですが、その前に、上棟後は近づきにくくなる南側の外構を行っています。

今回の敷地は南の私道から下がったレベルにあるため、建物際に防護壁を作っていて、
最終的な仕上げは建物完成後となりますが、
既存擁壁と防護壁の間の埋め戻しを先行し、一部ブロック積みや土の搬入を行っています。

昨日はその外構についての確認と打ち合わせに行ってきましたが、
少し複雑な地形で、しばらくは整備の進んでいない南の私道の水が流れてきてしまう環境のため、
水の流れやルート、水抜きなどを中心に確認し、
コンクリートブロックも、通常よりも太めの配筋で密に、念には念を入れて確認。

お天気や様々な要件が重なり、ここまでは少し時間がかかってきましたが、
週末には建て方のための足場を組み、来週からはいよいよ土台敷きと建て方が始まります。

上棟後は大工さんが多く入る予定で、スチールサッシなどの大きな制作物は加工も進んでいるので、
ここからは一気に進めるべく、また集中して監理していきたいと思います。

これまでの設計監理の過程はコチラから >>テラスを最大限に楽しむ家

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
大きなスパンを確保するための門型フレームの土台。ここに300幅の柱が立ちます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
設備も先行して配管施工。埋め戻しを行い、外周はぐるりと足場が立つ予定です。

テラスを最大限に楽しむ家 基礎の配筋検査を行いました。

2017年02月24日

昨日はテラスを最大限に楽しむ家の基礎の配筋検査を行いました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お天気が少し心配でしたが、なんとか傘無しでも大丈夫なくらいで、
まんぼうの設計監理者としての検査と、施工会社から依頼する瑕疵保証の配筋検査を同時に行いました。

配筋は全箇所の配筋の種類と本数、ピッチ、定着長さをチェックをしていくのですが、
とても綺麗に組んであり、問題なく合格。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
配筋はきちんと結束できているか、かぶりはとれているかなど、歩き回って確認していきます。

今回は金物工法のため柱を固定するためのアンカーがあるのですが、それはこれからセットするため、
またセットが完了した時点で再度検査を行い、問題なければコンクリートの打設、と進んでいく予定です。

その他、現場の外ではプレカットのための図面も、先日無事に承認して加工が進んでいます。
アルミサッシや焼付塗装を施すスチールサッシの色番や板金の色も決まり、
なかなかまだ目には見えてこない部分もありますが、基礎後の工事へ向けて、着々と進んでいます。

これまでの設計監理の過程はコチラから >>テラスを最大限に楽しむ家

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
配筋ピッチは200が一般的ですが、今回の防護壁から延びる耐圧盤上に載るスラブは100と密な設計になっています。

テラスを最大限に楽しむ家 耐圧盤から作っています。

2017年01月11日

テラスを最大限に楽しむ家では、耐圧盤から作っています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

去年の12月に再開後、防護壁から着手して年末にほぼ配筋が完了し、
年明けに配筋検査を行い、耐圧盤から打設、と進んでいます。

耐圧盤は防護壁に掛かる圧を受けるための底部分で、厚みは30センチ。
建物にに沿わせて作る防護壁から4m弱、基礎の地中梁で受け止める形で作っています。

建物南側には床ふところ寸法が3種類あるので、配筋検査ではレベルも確認。
敷地の周囲には基準となるレベルの墨を出してあるので、そこからの寸法で確認します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
検査では配筋の種類、間隔(ピッチ)、重ね部分の仕様と、型枠の位置なども確認。

防護壁が完成したらしばらくは建物の基礎工事となりますが、その後建て方へと進んでいく予定です。

これまでの設計監理の過程はコチラから >>テラスを最大限に楽しむ家

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
地盤改良杭は捨てコンの天端レベルに合わせてカットし、蓋を溶接しています。

170111_03
厚みは2種類、レベルは3種類で打設しました。

テラスを最大限に楽しむ家 工事再開しています。

2016年12月20日

テラスを最大限に楽しむ家の 工事を再開しています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

着工後、様々な要因から調整が必要となり、土圧を抑える擁壁から建物を守るための防護壁へと変更し、
基礎を含めた設計変更を行っておりましたが、構造を含む変更申請の手続きも無事完了し、今月より再開しています。

今月頭からは、セットバックする道路境界の位置と建物の位置について再度確認を行い、土留め工事から開始。
耐圧盤を作るための土を掘る根切り、地盤面を固める床付け、砕石敷き、杭頭の処理、捨てコンと現場は進んでいます。

夏に地鎮祭を行った後、改良工事や土工事のスケジュールと例年にない長雨に悩まされることもあり、
お施主さんにも根気強くお付き合いいただいた現場ですが、
気温は低くても晴れた日が多い冬からは順調に進めていく予定です。

調整中にも、建物を作るためのプレカット図やサッシ廻りの打ち合わせは並行して進めていたので、
基礎ができれば、その後はどんどん上を作っていくべくまた集中していきます。

年内の工事日程はあと1週間あまりとなってきましたが、
関係する皆さま、改めましてよろしくお願い致します。

これまでの設計監理の過程はコチラから >>テラスを最大限に楽しむ家

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
掘った地面の土固めもしっかりと。杭はレベルに合わせてカットしていきます。