カテゴリー:仕事, 工房併設住宅

2017年09月6日

先週は工房併設住宅の、地盤改良を行いました。
170906_03

去年から設計を進めていた住宅で、5月に実施図面の図渡し後の見積もり調整もまとまり、
暑い時期の工事契約、地鎮祭と進み、先週の地盤改良からスタートしました。

今回の改良は、現場の土とセメントミルクを土の中で混ぜながら改良柱を作る、柱状改良を採用し、
敷地の中には60センチ径の改良柱を、合計23本施工しています。

170906_02
改良は敷地の奥から、どんどん手前に移動しながら進んでいきます。

ご夫妻が一日の大部分を過ごす工房がフレキシブルに対応できることをテーマに、
1階に工房、2階がプライベート、という高さによる領域分けを行い、
大きな吹き抜けを持ち、家じゅうに気持ちの良い空気が流れる、広々とした工房のある住まいができる予定です。

※のびのびとした環境にあるこの敷地は上尾市の地区計画地域にあるため、
確認申請の前に「地区計画の区域内における行為の届け出書」を提出し、
境界からの距離や道路面に設ける塀の仕様など、適合していることの許可を受けてから、
「アトリエ兼用住宅」として確認申請を提出し、許可を受けています。

地盤改良が終わって、この先は建物の基礎を作るための根切りから。

工事は少し遠方ですが、現在進めている品川リフォームと同じアイディエムさんと、
打ち合わせをしながら進めていく予定です。

これまでの設計の過程はコチラから >>工房併設住宅

DSC_0028
地鎮祭は7月の暑い日に行いました。お天気にも恵まれますよう願っています。

タグ:, , , , , , , , , ,

カテゴリー:仕事, 鉄骨造・二世帯メゾネットリフォーム

2017年08月29日

メゾネット二世帯リフォームでは、引き渡しへ向けての仕上げ工事が続いています。
Exif_JPEG_PICTURE

2階、3階をそれぞれ独立した世帯の住まいとし、上下をらせん階段でつなぐというシンプルな構成ですが、
3階世帯はとにかく広く、明るく、天井も高く気持ちよく、という構成で、
外部に面して一体として作り変えたサッシ面が明るく、職人さんが多くいても圧迫感のない場所が見えてきています。

3階のアイランドキッチンはシナ合板とステンレス天板の組み合わせで作り、
全方向に使い勝手に合わせた収納を作り、リビング側にはテレビも組み込む予定。

黒に塗装予定なので全体の印象はまだまだ変わる予定ですが、
明るくなったリビングのアクセントになる予定です。

Exif_JPEG_PICTURE

リビングの横にはヨガなども楽しみたいと奥様のご要望から、大きなガラス壁を設置。
背面の大きなサッシの効果で、実際よりも広く見えるようにもなってきました。

Exif_JPEG_PICTURE

その横にはこのフロアで一つだけの個室があり、仕切るための大きな扉はこの鏡の後ろに引き込むのですが、
扉のメンテナンスのために、鏡の下部分を分割して外すことも可能なように作っています。

Exif_JPEG_PICTURE
閉めるとこんな感じ。背面のサッシは二重で、目の前から聞こえていた電車の音も聞こえなくなりました。

新たに加えたらせん階段も仕上がり
これまでは玄関を出て階段から下に降りる必要があった下世帯とはここから繋がるようになりました。

Exif_JPEG_PICTURE
階段を下りると下世帯のホールに繋がります。

調整すべき項目もいろいろあり当初の予定よりお時間を頂きましたが、完成まではいよいよあと少し。
最後までしっかり監理しつつ、こちらのリフォームもまた振り返って紹介していこうと思います。

これまでの設計の過程はコチラから >>鉄骨造二世帯リフォーム

Exif_JPEG_PICTURE
2階ホールから見たらせん階段。ここで完全に切り離すのではなく、上下は緩く繋がる関係となっています。

タグ:, , , , , , , , , , ,

カテゴリー:テラスを最大限に楽しむ家, 仕事

2017年08月25日

テラスを最大限に楽しむ家の現場では、外部、内部とも進んでいます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

室内はこの上に難燃合板仕上げとなる壁もあるので、もう少し印象は変わる予定ですが、
外壁の木板や内部のボード貼りも進み、全体の空間はかなり見えてきています。

内部の鉄骨階段は、今回スチールのササラに60ミリ厚の木板の組み合わせで作っているのですが、
踏板の取り付けも完了し、光の通り具合も確認できるようになり、十分な明るさに一安心です。

現場では、キッチンなどの造作家具や手すりについての打ち合わせや、
電気設備の調整や確認等をやり取りしながら進めています。

来月の上旬には外壁仕上げが完了しして足場を解体予定となり、全体が見えるかと思うと少しドキドキしますが、
現場監理をしていくうえでとても楽しみな時でもあります。

去年の着工以来、今年の夏も雨には振り回されることも多かった現場ですが、
外壁の仕上げを行っている来週までは少し安定しそうですので、このまま続くことを願うばかりです。

7月の個人的なブランクもありなかなか更新が追いついていきませんが、
7月、8月の様子もまた振り返りながら紹介しながら、引き続き現場監理を進めていきます。

これまでの設計監理の過程についてはコチラから >>テラスを最大限に楽しむ家

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
鉄骨階段。ささらは黒に塗装する予定です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
足場解体まで全体像は見えませんが、木板は耐火性能のあるものを使用し、この上に塗装していきます。

タグ:, , , , , , , , ,

カテゴリー:まんぼう

2017年07月31日

ブログの更新が空いてしまいましたが、今月頭に痛めていた膝の手術をし、先週無事に退院し、現在リハビリ中です。

関係各所にはいろいろと調整をさせていただいておりましたが、進行中の現場も進み、
設計中だった住宅も2件無事に工事契約へと進み、来月お盆明けから現場も始まる予定です。

来月は進行中の現場やプロジェクトの様子を紹介していきますので、どうぞお楽しみに。

170731_01
入院中にはベランダの野菜がかなり育っていて、種を蒔くのが遅すぎたかと思った朝顔も毎日少しずつ花をつけていました。

170731_02
しばらくは膝に装具を付けたままで動作に制限もがあるので、事務所内を少しだけプチリフォーム。
大きな段差に15センチほどの小さな階段を作っただけですが、これだけでもずいぶん楽になります。

タグ:, ,

カテゴリー:テラスを最大限に楽しむ家, 仕事

2017年06月23日

気が付けば6月の下旬となっていますが、現場は着々と進んでいます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

6月に入ってからというもの現場や日常での調整が続き、更新が空いてしまいましたが、
進行中の現場やプロジェクトでは、打ち合わせや申請など必要な作業がいろいろと進んでいます。

テラスを最大限に楽しむ家では、サッシの取り付けまで進んだ6月頭に上棟式を行い、
お施主さんご家族と四隅をお清めしてまわり、この現場に関わる皆さんと一緒に、上棟を祝して乾杯。
その際、お施主さんご一家のご厚意で現場の皆さんと一緒に歓談の場をご用意いただき、
改めてお施主さんと大工さん、電気屋さん、監督さん達が顔を合わせて話をする良い機会になりました。

その後の現場は、テラスに出る大きなサッシや南側の大きなスチールサッシも付き、
電気のボックス付けや配線、床暖房や設備の先行配管といった設備工事、
壁や床の下地作り、壁の断熱材敷き込みといった内部の工事と、テラスの防水や壁の防水シート施工など、
内と外で工事が進んでいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
天井は一部高さを切り替えているので、配線の渡る箇所やルートを確認。かなり賑やかになってきました。

設備ではまんぼうで器具の承認図での寸法や詳細確認と、プロット図を作成して進んでいますが、
梁や下地の位置との若干の調整が必要な場合もあり、現地で見たり電話でのやり取りをしながら確認しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
排水管やこの後換気のためのダクトも施工。隠れる設備は天井下地を作る前に先行して納めていきます。

毎回の定例で課題となっていたもののチェック項目もずいぶん整理が進み、
設備についてはもう少しとなりそうですが、鉄骨や建具、仕上げの納めはまだまだ進行中。
最後まで気を抜かず、暑さにもバテず、しっかり監理していこうと思っています。

これまでの設計監理の過程についてはコチラから >>テラスを最大限に楽しむ家

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
上下の移動はPS内に。床暖房のための温水管も敷き込み口まで先行しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
壁の断熱材は現在進行中。風通しがいいので今も暑くはないのですが、これで現場の環境がさらに上がる予定です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
断熱材は今回場所と厚みで2種類を使い分けています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
鉄骨柱の被覆も完了しています。

タグ:, , , , , , , ,

カテゴリー:子供, 遊び

2017年06月6日

土曜日はモントレイル戸隠マウンテントレイル10キロに参加してきました。
170606_01

2年前に太郎が初トレイルとして参加した大会に、今回は私が10キロに初参加してきました。

4月に痛めた膝が思っていたより重傷で(靭帯断裂してました)、今回は諦めるか、、とも思ったのですが、
息子の2キロレースもあったことと、なんとなく歩きや緩く走るのは平気になってきたこともあり、
せっかくの機会なので完歩を目標に、キャンプも兼ねて行ってきました。

会場の戸隠スキー場は標高1300mにあり、とても気持ちの良い天気ながらも気温は低めで、
雪の残る戸隠連峰が会場からも綺麗に見え、もうその景色だけでも満足なほどでしたが、
相馬剛CUPとして開催された今回のレースは、今のトレイル界で活躍されている方たちが勢ぞろいしていて、
午前に行われた息子のレースでもその方たちが先導して下さったりで、なんとも豪華で楽しいレース展開に。

その後にスタートした招待選手の方々も走るロングの20キロを見送り、私の参加するショート10キロもスタート。
「3つの厳しい坂があるけど、歩く、立ち止まるOK、自分のペースで楽しんで!」との言葉にワクワクとスタートしたのですが、
コースに入ったら、ええええ、、、、と思うほどの厳しい坂で、周りのペースに合わせて歩くだけでも精一杯。。

170606_02
ずっと先に見えているところまで、ひたすら走るというか歩きます。。

170606_03
山を越えて下ったらまた上ります。景色はとにかく遠くまで見えて綺麗だけど、とにかくしんどい。

山登りのような坂(通称:根性坂)を超えたら遠くまで見えるスキー場のゲレンデをひたすら上る坂があり、
なんでわざわざ時間とお金をかけてこんなことしてるんだっけ…?と思ったりもしましたが(苦笑)、
登った先から見える景色はとても綺麗で、瑪瑙山(めのうさん)頂上での達成感もとても気持ちよく。
後半の下りで無理をして膝痛で悶絶したりもありましたがなんとか歩き切り、とても楽しい10キロとなりました。

今回、ランニング友達も一緒のレースに参加していたり、長野に住む友達がわざわざ応援に来てくれたりと、
走る以外の楽しみや出会いもいろいろとあり、興奮を書き始めたら長くなってしまいそうですが、
膝を治して、またいろんなところに行ってみようと思います。

初トレイルは、ほんとうに楽しく、気持ちの良い体験でした。
運営に関わられた皆さま、参加のみなさま、とても素敵で楽しい大会をありがとうございました。

モントレイル戸隠マウンテントレイルについてはコチラから >> モントレイル戸隠マウンテントレイル

170606_04
夜はキャンプでテント泊予定でしたが、あまりの寒さと疲れでバンガロー泊に。とても気持ちの良いところでした。

170606_05
帰りは近くの散策をを撮って戸隠神社に参拝。戸隠蕎麦も食べて、疲れたけど楽しい休日となりました。

タグ:, , , , , , , , , ,

カテゴリー:テラスを最大限に楽しむ家, 仕事

2017年06月1日

テラスを最大限に楽しむ家では、電気の配線準備を進めています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

現場では、大工さんによるサッシの取り付けや防水の下地施工が進み、
先日は電気の配線準備のための打ち合わせを行いました。

各種プロット図を基に、電気屋さんがボックスの仮付けから進めていくのですが、
天井を貼る範囲や梁下の配線に使える寸法、盤からの引き回しルートの他、
耐力壁に付ける場合の端部からの寄り寸法や開口の大きさ、下地の補強についてを、電気屋さんと確認。

その他、エアコンの設置位置や隠ぺいとなる冷媒管ルートやドレン管も落とす位置についても確認。

壁や天井には電気設備だけではなく、床暖房リモコン、セキュリティシステムなど、いろいろなものが取りつくため、
同じ壁につく位置がバラバラにならないように、調整をしながら進めています。

これまでの設計監理の過程についてはコチラから >>テラスを最大限に楽しむ家

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
耐力壁に付く場合は端部からの離れ寸法の指定があるので、柱ではなく、位置をずらして付けています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
サッシが付き、耐力壁以外の壁下地も進み、出来上がりの明るさに近くなっています。

タグ:, , , , ,

カテゴリー:子供, 遊び

2017年05月29日

昨日は葛西臨海水族園主催の、なぎさの生物観察会に行ってきました。
170529_01

人気のイベントのようで、応募したら残念ながら外れてしまったのですが、
外れた方限定での再募集の案内があり、運よくそちらで当選したので家族で参加してきました。

場所は葛西臨海水族園の南にある人工の干潟、西なぎさというところで、
干潟とは何か、このなぎさ江戸川と荒川の間にあり真水が流れ込むため塩の濃度が薄く、
その環境を好む生き物がいること等、葛西臨海水族園の皆さんのわかりやすい説明で始まりました。

葛西は埋め立て地で人工という環境ですが、西なぎさの外(東)側は牡蠣が自然と生息するようになったらしく、
牡蠣殻がどこまでもびっしり。
今回の観察はなぎさの内側、少し湾になった場所で、大潮の日の一番の引き潮に合わせた開催で、
観測し始めた時の水際線がみるみる下がり、いろんな生き物が出てきました。

水が引くと小さな穴がたくさんあるのですが、よーく見てみると小さなカニが歩いていて、
孔に入る時に押し出す土だんごがあちこちにあり、穴を掘るとコメツキガニが出てきたり、
もう少し水際に近い泥のある辺りには少し大きめのオサガニがいたり。

170529_03
土だんごはカニが押し出したもので、この中を掘るとカニが出てきます。

いろいろ見つける楽しみだけでなく、干潟の少し水のある所に魚の切り身を置いて
アラムシロという巻貝状のカタツムリのような生き物がどんどん集まって食べていく様子を観察したり、
水だまりでボラやハゼの幼魚を捕まえたり。
水族館所有のアサリで、クロレラをアサリが食べて分解してくれる実験もありました。

170529_04
クロレラを入れて15~20分ほど置いただけで、ずいぶんと綺麗になっていました。

いろんな生き物の特性やいた場所をメモして、最後にはみんなで観察してすべて放しましたが、
葛西の方々にいろんなことを直接質問することもでき、とても充実した観察会となりました。

大潮の重なる土日でお天気が良いことが条件のため、機会は限られるのですが、
まだまだいろいろな企画が予定されているので、都合の合う限り応募して、また参加してみたいと思います。

葛西臨海水族園の皆様、とても貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。

葛西臨海水族園についてはコチラから >>葛西臨海水族園

170529_05
午後も自主学習で生き物調査に。前日の運動会疲れもあり、私は荷物番しながら転寝してしまいました。。

タグ:, , ,

カテゴリー:テラスを最大限に楽しむ家, 仕事

2017年05月26日

今週はテラスを最大限に楽しむ家の中間検査がありました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あいにくの雨の中の検査となりましたが、
検査員の方が構造の耐力壁が申請の図面通りになっているか、筋交いの位置、金物の種類などを
全箇所チェックしていきます。

中間検査の実施は管轄行政によりますが、東京都の場合は木造3階建ては屋根工程完了時なので、
構造金物がすべて終わり屋根の貼り終わる時期となるのですが、
今回は屋上は前面防水仕様のため、防水を行う前で金物が全部終わった段階で今週の検査となりました。

いつもながら、ちゃんとできていることは事前に確認しているのに緊張する時間なのですが、
検査員の方が予定より早く着いて先にチェックされていたこともあり、スムーズに進み、
金物を使ったラーメンフレームについての質問があったので、説明も交えながら無事に完了。
後日中間検査済証を受け取りに行く予定です。

その後は大工さん交えて防水と階段廻りの打ち合わせ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
トップライトの下地も進んでいますが、雨の日でも十分明るく、吹き抜けの効果を改めて実感。

現場は防水のための下地が順調に進んでいて、来週には防水、サッシ付けへと進んでいきます。

これまでの設計過程はコチラから >> テラスを最大限に楽しむ家

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今週は確認で月曜日も現場に行ってきたのですが、行くたびにいろんなところが着々と進んでいます。

タグ:, , , , , , , ,

カテゴリー:子供, 遊び

2017年05月23日

日曜日は家族でロゲイニングのイベントに行ってきました。
170523_04

最近参加した友達から話を聞いて楽しそうだなと思っていたロゲイニングが富士吉田であると知り、
家族で参加してきました。

※ロゲイニングとは、地図やコンパスを使って、あらかじめ設定されたチェックポイントを
制限時間内にできるだけ多くまわってくる、というオリエンテーリングのような競技イベントで、
チェックポイントでは撮影者以外のメンバーが入って写真を撮る、というルールがあり、
ポイントごとの獲得点数が異なるので、いかに効率よく多くまわるかの作戦も重要となる競技イベントです。

今回のロゲイニングは、富士登山競争コースエリアでのおすすめランニングコースをもとに、
富士吉田ならではの、チェックポイントはすべて吉田うどんのお店なので食べる楽しみもあり、
点数ではなく回ったポイントの数でゴール後の抽選回数が決まる、というお楽しみイベントで制限時間は3時間。

地図を貰ったらまずは大まかなルートを考え、15か所以上を目標にスタートしました。

170523_02
なるべく最短距離で効率よく回るために、我が家は線を引いて道順を決めてから出発しました。

私が膝を傷めていることもあり、歩いたり軽く走ったりしながらですが、
コンパスを使って方位を確かめたり、まったく地の利のないところで地図を見てお店を探すことが楽しく、
ポイントごとに写真を撮っていくのも楽しいしお天気はいいし、なんだか楽しくてテンションが上がります。

170523_06
近くて大きな富士山がすそ野の方までずっと見える場所もたくさんありました。

息子も頑張って地図を読んでみたり、学校で習った地図記号を見つけて探してみたり。
道中で会った参加者の方とちょっと相談したり、うどん屋から出てきたお客さんが抜け道を教えてくれたり(笑)、
気が付けばあっという間に8キロほど歩いていて、まわったチェックポイントもなんと10か所!

制限時間もまだ半分くらい残ってるし、こういうのは途中で食べるのも楽しいんだよねー、
ということで10か所めのお店で美味しい吉田うどんを堪能。

170523_05
うどんはすごくコシがあって、キャベツも美味しいしお腹にたまります。

・・・しかし食べると気が抜けるもので、息子にも急に疲れが出てきて、さっきまでの元気はどこへやら。。

しかも張り切り過ぎて一番遠いポイントまで来ていたので、どのルートから戻っても時間はかかるし暑いし、
そんな時に限って地図を読み間違えてさらに遠くまで行ってしまうし(苦笑)。

とまあいろいろあり、制限時間は過ぎてしまいましたが、
総距離は12.3キロ、チェック数は10か所のままで無事にゴール。

その後の抽選でも息子がポーチやエナジージェルを当てたり、気持ちよく疲れた楽しい一日となりました。

今回参加した「走ろうにっぽん」のロゲイニングはいろんなところで開催しているので、
またタイミングが合えばいろいろ参加してみようと思います。

イベント企画の皆様、ありがとうございました。

「走ろうにっぽんプロジェクト」についてはコチラから >>走ろうにっぽんプロジェクト

170523_03
まわった箇所と順番を申告するので、途中でメモをすることも忘れずに。自然と役割分担ができました。

タグ:, , , , ,

カテゴリー:テラスを最大限に楽しむ家

2017年05月19日

テラスを最大限に楽しむ家では、下地工事が進んでいます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上棟後、構造金物、耐力壁としての筋交い、構造合板の設置が進み、窓の下地工事へと進んでいます。

今回の建物では金物工法なので、柱と梁の緊結部の金物はあまり表面には見えてこないのですが、
引き抜きの強い箇所への外付けホールダウン金物や筋交いについては、目視で確認しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
指定の場所についているか、筋交いはきちんと金物で固定されているかなど、一つずつチェックしていきます。

昨日は施工会社が依頼している瑕疵保証のための検査が無事に完了し、来週は検査機関の中間検査。

現場では2階のリビングに設ける大きなサッシや子供部屋のサッシなどの下地が進み、
監督と大工さんとは屋上の防水に絡むパラペットの位置や高さ寸法や今後のスケジュールについて、
ガス屋さんとは温水床暖房のための引き込みや配管経路、給湯器の設置位置についてなど、
現場でそれぞれの場所に移動しながら打ち合わせを行いました。

昨日は同時に合板などの材料も搬入していましたが、大工さんが協力して足場を付け替えたりガイドを作り、
1階から階高のある3階まで順に人力で上げる作業は、さすがの皆さんでも声が出なくなるほど。。

毎回いろんな人の手が加わっている現場を見ていると、私もしっかり監理していかなければと思います。

これまでの設計監理の過程はコチラから >>テラスを最大限に楽しむ家

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
材料を上げるためのガイドは大工さんが作っていましたが、この日は左にある合板を全部上げてました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
できるだけ雨に濡れないように養生もしながら、テラスの下地作りも進んでいます。

タグ:, , , , , , , , , ,

カテゴリー:仕事

2017年05月18日

今週は設計を進めている工房併設住宅の図渡しを行いました。
170518_01

先日の打ち合わせ以降、最終的なすり合わせも含めて進めていた図面が無事にまとまり、
今回は3社に図面を渡し、本見積もりを依頼しました。
意匠図、構造図、電気設備図、機械設備図など、今回の図面はA3サイズで合計80枚ほど。

基本設計時にもお願いした3社で、多少の金額の開きはありましたが、
3社とも前向きにご検討いただけるということで、同じ3社に図面を渡し、本見積もりをお願いしました。

日常の大部分を過ごす工房が1階のほとんどを占め、フレキシブルに使えるようにしておきたい、
という計画なので、間仕切りも最小限に、仕上げも手を加えやすいように構造材を使ってラフに仕上げる。
その代わり、面積や天井高さといった後からは変えにくいものはしっかり確保しておく、
という考え方で決めた予算内で納めたい。

概算時の金額からもう少し詰めるべく、作り方を中心に調整を行っていますが、
詳細図を追加することで金額が上がる要素もあり。

といった設計の意図や、上下水道の引き込み確認、地盤改良についてなどの条件も含め、
図渡し時には説明をします。

今週末にもう一件図渡しがあり、いろんな資料を引っ張り出して事務所内が少し雑多になっていますが、
見積もりがまとまるまでの間は、質疑を確認したり、確認申請の準備など、
今のうちにできる見直や事務所の片付けなど、順に手を付けて進めていこうと思います。

これまでの過程はコチラから >>工房併設住宅

170518_02
図面を描きながら調整していた項目に矛盾がないか等、ファイルに綴じる前にもう一度確認しています。

タグ:, , , , , , , , , , ,

1 / 6912345...102030...最後 »