カテゴリー:仕事, 音楽を楽しむ家

2015年02月17日

音楽を楽しむ家の打ち合わせがあり、初回のプランを提案をさせていただきました。
150214_01

初回提案では、例えばリビングの場所が異なる案などいくつか提示させていただくこともあるのですが、
今回はリビングの位置、音楽室の場所、家全体への繋げ方など、まんぼうの中でも意見がまとまり、
それぞれのアイデアや気になること、場所の作り方などを整理し、1つの形としてつくりました。

家の中心に音楽室があり、そこからいろんな場所に繋がり、それぞれの場所も住まいながら作りこむ、
ざっくりとした大きな空間をつくり、そこにラフな素材を持ち込む、
そんなイメージとバランスをIさんご夫妻にもとても気に入っていただき、ほっと一安心。

まだまだスタートしたばかりで今回の形が確定ではありませんが、
場所や家族の繋がり具合、庭との関係など、私自身が住みたい形と重なる部分もあり、
いつものことながら、自分の感覚に置き換えてみたりしながら、いろいろな暮らし方のイメージを膨らませています。

つかまり立ちし始めたばかりのお子さんの成長も見守り、家族で楽しむ、
そんな住まいになればと思っています。

これまでの過程はコチラから >>音楽を楽しむ家

タグ:, , , , ,

カテゴリー:仕事, 大田区の共同住宅

2015年02月13日

大田区の共同住宅では、引き続き大工工事が進んでいます。
Exif_JPEG_PICTURE

外の階段には床のメッシュが敷かれ、手すりも付いてきました。
手すりを繋ぐのは床の上ですが、ベースの留めつけはモルタルに隠れる下地の部分に設置。
足場はあるものの、手すりの無い階段は少し不安だったので、ここは一安心です。

内部の配線や下地作り、住戸によってはボード貼りも進み、少しずつ見えているものが減ってきたりもしていますが、
着々と、それぞれの場所ができてきています。

Exif_JPEG_PICTURE

今回の工事では、収納も家具で作るのではなく大工さんによる造作としているため、
壁と収納の取り合いや階段との取り合いなど、定例では大工さんからの造作に関する質疑が多く、
スケッチを描いて確認したりしながら打ち合わせ、現場も内外ぐるりと確認。

工事はどちらかというと、寒い季節のことの方が多く、ここのところも寒さも厳しいのですが、
サッシの入った室内で感じる日差しは、なかなか気持ちの良いものです。

これまでの設計・監理についてはコチラから >>大田区の共同住宅

Exif_JPEG_PICTURE
合板を仮固定してある面にも、階段側から使う収納ができる予定です。

タグ:, , , ,

カテゴリー:日常

2015年02月10日

美味しいグラノーラをいただきました。
150210_01

季節感のあるホームメイドグラノーラをテーマとしたお店のオリジナルで、
カシューナッツにホワイトチョコも絡めたストロベリーと、
オートミールのベースに、ホワイトチョコチップ&パインの甘さのホワイトチョコ&カモミール。

グラノーラというとレーズンやナッツのごろごろ入ったフルーツグラノーラを良く食べてますが、
いろんな組み合わせや最近では手作りできるレシピなどもいろいろ公開されているものもあり、
なんだか見ていたらいろんな味を試してみたくなってきました。

とはいえ、作るのはなんとなく配合とか悩ましそうなので、たぶん手作りには挑戦しないような気もしますが、、、
まずはいろんな味を試してみようと思います。

Kさん、ありがとうございます。
美味しくいただきますね。

タグ:

カテゴリー:インフィル設計, 仕事

2015年02月9日

この週末はまんぼうも参加している集合住宅の現場で、取扱い説明会がありました。
150209_01

新築のマンションの中の、住戸の設計(インフィル設計)を担当している物件で、
先月に内部の仕上がりを確認していただく内覧会があったのですが、
この週末は各設備やシステム、機器の取り扱いなどについての説明会があり、私たちも行ってきました。

今回、私たちで担当させていただいた住戸にはステンレスと木の組み合わせにこだわって作ったキッチンや、
ビルトインの電子コンベック(ガスオーブンレンジ)を組み込んだお住まいなどがあり、
説明に参加することでいろいろな最近の機器類に触れ、我が家の改装計画をまた思いついてみたり(笑)。

半月後に引き渡し予定なので、みなさん引っ越しの準備なども始まりお忙しそうではありますが、
楽しくも忙しそうな様子をお伺いするのは、なんだか私も嬉しくなるものです。

2013年の春からスタートしているので、お施主さんたちとも1年半以上、2年近いお付き合いになるのですが、
いよいよ完成するこだわりの住まいでの生活を楽しんでいただければなによりです。

インフィル設計に関する記事はコチラ>> インフィル設計 カテゴリ

タグ:,

カテゴリー:仕事, 大田区の共同住宅

2015年02月6日

大田区の共同住宅では、鉄骨の階段がついてきました。
Exif_JPEG_PICTURE

住戸の間にある共用階段と、一部室内に鉄骨階段があり、現場では搬入と取り付けが進んでいます。

鉄骨階段にすることで、薄く仕上がるのですが、重量はかなり重くなるので、この日はクレーン車でつり込み、
無事に壁固定までが進んでいきました。

外部の階段はメッキ仕様(ドブ漬け)ですが、外階段では歩く音が響いてしまうので段板はモルタルで仕上げ、
室内は錆止めまでまでの状態で現場に入れて、ウレタン塗装となる予定です。

階段が組み上がるとハシゴではなく階段での上下移動が可能になり、作業も監理側も楽になりますし、
なんだかとても進んだ気持ちになるものです。

これまでの設計・監理についてはコチラから >>大田区の共同住宅

Exif_JPEG_PICTURE
ここより下は木階段ですが、まだできていないのでこちらは上がれません。

タグ:, , ,

カテゴリー:仕事, 犬と暮らす二世帯住宅

2015年02月3日

犬と暮らす二世帯住宅では、地盤調査と基本設計の図渡しをしました。
Exif_JPEG_PICTURE

先週の雪の日の地盤調査も、現地に着く頃には傘も必要のないほどの雨になっていて、
予定通り、サウンディング式での載荷試験を2地点で行いました。

近くに大きな川があり、支持地盤までがかなり深くなるのではと心配していましたが、
2か所調査したところ、想定よりも浅い位置に固い地盤がありそうで、ちょっと一安心です。

とはいえ地盤調査はやはり必要な場所であり、前面道路が狭いなど施工上の制約もあるので、
適した工法については見積もりと合わせながら、これから検討していきます。

そして今日は工事費の見積もりをお願いするため、施工会社への図渡しを行いました。

※図渡しとは、本見積りを取るための図面や必要な資料一式を渡すことですが、ただ渡すだけでなく、
見積もりに含む工事の条件や注意すべきところ、意図が伝わりにくいかも?と思うところなども含めて、
説明を行います。

基本設計段階なので見積もりは概算となりますが、
規模を含めた計画の妥当性や、解体工事や地盤改良も含めた全体予算を確認したいので、
仕上げ表や平面・立面・断面図などの基本図の他、構造図(伏図、軸組図)、設備の計画図なども
まずは一通り決めて、渡すようにしています。

まだ追加で渡す図面や整合性のチェックなど作業は続きますが、
見積もりが出ていくるまでの間は落ち着いて計画を再確認したり、他のプロジェクトに集中するなど、
時間を有効に使っていこうと思います。

Exif_JPEG_PICTURE
全部で40枚ほど。設計過程を2段階に分けることで、整理して考えられるように思っています。

タグ:, , ,

カテゴリー:子供, 遊び

2015年02月2日

昨日は富士山の北側にスキーに行ってきました。
Exif_JPEG_PICTURE

お正月に行った富士山の南にあるスキー場では雪が少なかったのですが、
もう少ししっかり滑ってみたいと思い、今回は北側にあるスキー場に友達家族と行ってきました。

さすがに北側だけあって想像以上に寒く、道路も凍結していたので途中でチェーンを装着してみたら、
揺れる車内で震える声を使って子供たちは宇宙人ごっこしたりしたりと、テンション高く賑やかでしたが、
雪遊びの前にスキーをしようよ、となった途端に大ブーイング。。

しかも、まずは初心者用の緩斜面コースに行くつもりが乗るリフトを間違えていたようで、
いきなり上まで行ってしまって、子供たちは降りられるの、、、?なんて慌てる場面もありましたが、
大人と子供が芋虫のように繋がる電車ごっこで降りたり、脇を抱えて降りてみたり。
誰にも助けてもらえない私はひたすら自力しかないのですが、なんとかみんなで滑り降りてきました。

その後もソリをしたり雪玉を作ったり、斜面にひたすら登って滑り降りたり、
雪さえあれば子供たちはいろんな遊び方を思いつくもので、雪にまみれながら大よろこび。

帰りも道の駅に寄り道したり、美味しいほうとうを食べに行ったり、
日帰りながらもいろいろ欲張って動きすぎてしまうのですが、
富士山の見える温泉にもゆーっくり入って、とても楽しくリフレッシュした一日となりました。

またしばらく週末は仕事が続く予定ですが、遊びも楽しめるよう、集中していこうと思います。

Exif_JPEG_PICTURE
ハの字のボーゲンは私より安定してきた息子ですが、まだまだ雪にまみれて遊ぶ時が一番楽しそうです。

タグ:, ,

カテゴリー:犬と暮らす二世帯住宅

2015年01月30日

毎年何度かありますが、雪が降るとついつい写真を撮ってしまいます。
Exif_JPEG_PICTURE

今回は少し雨混じりであまり積もらなさそうですが、息子は友達と、嬉しそうに登校していきました。

それはさておき。
今日は午後から地盤調査の予定があり、あいにくのお天気なので状況を確認していましたが、
午後には現地はやみそうなことと、コンクリートを少し削ってその下の貫入テストをする方式なので、
この程度の雪なら予定通り行いましょうということになりました。

現在計画中の犬と暮らす二世帯住宅では、今は既存のお住まいが建っているのですが、
周囲の状況から地盤改良を要する可能性が高く、組み込んでおく予算の確認と基礎の設計のため、
まず今日、建物周囲の可能な範囲で、仮試験を行います。

ただ、同じ敷地内であっても、場所によって強固な地盤までの深さが異なる可能性があるので、
解体後には建物の建つ範囲の3、4か所の本調査と、今回は2段階の調査で進めていきます。

調査は午後から。

暖かい恰好をして行ってきます。

Exif_JPEG_PICTURE
積もるようで積もらないような。楽しみなような残念なような、今のところなんとも微妙な雪です。

タグ:,

カテゴリー:日常

2015年01月29日

気持ちを切り替えたい時は、マキネッタでエスプレッソを淹れます。
150129_02

マキネッタはとても単純な作りの直火式のエスプレッソマシーンで、
豆をミルで細かめに挽き、水と粉をセットして弱めの火にかけるだけなのですが、
豆の挽き具合を確認したり、挽いた粉を刷毛できれいに移したり、漏れないようにキュッと締める。

そんな簡単な作業を慌てず一つ一つこなして噴き出してくるのを眺めることが、
なんとなく気持ちがすっきりしない時や、次の作業へ気持ちを切り替えたい時の、
ちょっとした気分転換の儀式になっています。

といっても、そんなに全てにこだわっているわけでもなく、ミルは電動のものでガーッと回すし、
サイズを気にせず適当な量の粉で淹れるし、時には少し火が強すぎて吹きこぼれてしまったり。

コーヒーから出る油分がマキネッタをその家庭の味にするとかで水洗いが基本だというのに、
その目に見える油分が気になってしまって、洗剤で洗ってしまう、とまあ適当なのですが、
まああまり神経質になりすぎず、気楽に美味しいエスプレッソを楽しんでいます。

今日も午前中に一杯。

なんだか最近気分転換ばかりしているような気もしますが、集中して図面作業に向かいます。

150129_01
このくらいで蓋を閉じないと吹きこぼれます。。

タグ:, ,

カテゴリー:仕事, 大田区の共同住宅

2015年01月28日

昨日は大田区の共同住宅の現場定例がありました。
Exif_JPEG_PICTURE

打ち合わせでは木工事や電気など、施工上の質疑に回答をしたり、現場の進捗を確認したり。
何かのテーマについて集中して議論する、という感じではなく、万遍なく確認をしています。

現場では、内部の天井も貼られ始め、形が見えてきているのですが、外部の下地作りも進んでいます。

上の写真は、吹き付け仕上げの壁下地で、縦方向の通気胴縁の上に、木摺(きずり)のための羽目板が貼られ、
この上にさらに防水シートを挟んでラス網を留め付け、モルタルを塗って平滑な下地までを作って、
やっと、最後の吹付仕上げ、となります。

出来てしまえばただの平らな壁ですが、その下には壁内結露を起こさせないための工夫や段取りが詰まっています。

それともう一つの下地は、木板貼り仕上げの壁のための仕上げで、木板が縦張りのため、下地は横貼り。

横貼り下地で通気を確保する場合、空気の通り道として、下地の桟木をずらしながら付けていくのですが、
今回はあらかじめ切欠きをした桟木を使用。

ちょっとした工夫ですが、大工さんの手間はぐんと楽になり、施工性があがっているのです。

どちらも見えなくなる部分ですが、ここでの丁寧な作業が雨漏りや結露を防ぐことになります。

これまでの設計・監理についてはコチラから >>大田区の共同住宅

Exif_JPEG_PICTURE
外壁の防火構造は、ダイライト+木の組み合わせによる構造認定で確保しています。

タグ:, , , , , , ,

カテゴリー:日常

2015年01月27日

冬の間のすることとして、ストーブのメンテナンスがあります。
150123_01

灯油ストーブの火の見える安心感が好きだったこともあり、メイン暖房はずっとストーブなのですが、
一昨年つけたエアコンでの暖房も楽なもので、ここのところ毎朝使っていたら電気代がびっくりするような額に。。

ということで、やっぱり灯油ストーブをメインとする生活に戻っているのですが、
このアラジンのブルーフレームストーブの芯は綿製で、少しずつ焼けて短くなるため、
名前にもある青い火が赤くなる不完全燃焼を起こすようになったら、芯を繰り出し、高さを揃える、という作業が必要です。

といっても、上部を横に倒す形であけて、芯を出してねじ切るように高さを揃える、というだけなのですが、
なんとなくアナログな道具のメンテをしているというのは、自分だけの満足感もあり(笑)。

何度か着けっ放しでウトウトして芯を焼き切ってしまい、芯ごと交換したりもしているのですが、
きちんと使えばずっと使えるはずなので、たまにホコリを拭いたり、芯の手入れをしたりしています。

ただ、そんな大事にしているストーブだけでは、今年の寒さの厳しい日は少し物足りなく、
毎年悩んでいるのですが、キャンプにも持っていけるサイズのストーブを買い足そうかなと思ったり、
いやいや、気にしてたはずの光熱費の話はどこに行ったの?と思ったり。

なんて考えていると今日のような暖かい日があって、やっぱりいいかな?と思うことの繰り返しですが、
寒さ対策というよりもそのストーブが欲しくて、

そんな寒い時にキャンプに行くのか。
荷物でいっぱいの車に載せる余裕があるのか。

今年も楽しく悩んでいます。

タグ:,

カテゴリー:仕事, 音楽を楽しむ家

2015年01月26日

音楽を楽しむ家がスタートすることになりました。
Exif_JPEG_PICTURE

中野Mをきっかけにご相談いただき、協力させていただいていた土地探しも無事決まり、
設計もスタートさせていただくことになりました。

昨日はまずは家に対するご要望や住まい方のイメージなどをお伺いさせていただいたのですが、
ご夫妻のふんわりした空気感がとても素敵で、ドラムとピアノを楽しみ、音楽のある生活、
というなんとも素敵なイメージに、いつもながら既に私たちがワクワクしてきています。

もちろん、環境であったり場所の作り方であったり、住まいとしての様々なお話もいただいてますが、
ご家族が気負うことなくそのままの姿でゆったりと暮らせる、そんな家作りのイメージを膨らませています。

そして打ち合わせの後は住まいへのイメージを踏まえてもう一度、現地の確認に行ってきました。

昔ながらの商店街を抜けた先の、横浜らしい坂の途中にある敷地の隣には公園があり、
敷地は擁壁の上にあるため、1階レベルでも視界の抜けや見晴らしもよく、
土地探しで気に入られたこの立地を生かす形を考えていきたいと思いました。

これからいろいろな住まい方や形を考えていきますが、この最初の印象を大切に、進めていこうと思います。

Iさん、気持ちのいい家を作りますので、改めましてよろしくお願い致します。

きっかけとなった中野Mはコチラから >>中野M:素材を引き継ぎ、緑に囲まれるお気に入りのカフェ

Exif_JPEG_PICTURE
公園で遊ぶ子供たちの声がなんとなく聞こえる、少し懐かしいような心地よさがある場所です。

タグ:, , , , ,