音楽を楽しむ家 取材がありました。

2017年04月14日

週末は、音楽を楽しむ家の取材がありました。
Exif_JPEG_PICTURE

当日はあいにくの雨の日となりましたが、ご夫妻に快くお引き受けくださり取材がスタート。

完成してまもなく1年が経つタイミングで、これまでにも何度かお伺いさせていただいているのですが、
ご家族の暮らしや住まいのことなど、いろいろお話ししていただきました。

キッチンから家じゅうが見渡せるいろんな場所をもつ住まいなのですが、
キッチンやたたみコーナーにリビング、家事コーナーや黒板壁に至るまで、
ご家族の趣味の物が置かれ楽しまれている様子は、私たちとしても見ていて嬉しくなります。

この家には、ご夫妻の共通の趣味である音楽を楽しむための音楽室もあり、
いろんな場所がリビングに繋がるようになっているのですが、
ご家族の皆さんにご協力いただいて、さりげないシーンもいろいろ撮影してもらいました。

その後は少しお時間を頂き、追加で進めている外構工事の打ち合わせ。

家族の時間を楽しく過ごせる場所として作った住まいでお子さんもすくすく大きくなり、
またこれからもいろいろ変わっていくであろう様子が、私たちもとても楽しみになっています。

記事が掲載されましたらまた紹介しますので、どうぞお楽しみに。

Iさん、お休みの中ご協力いただき、どうもありがとうございました。

これまでの過程はこちらから >> 音楽を楽しむ家

170414_04
「今までのしごと」へも、近日公開を目指します。

音楽を楽しむ家 こちらもあと少しです。

2016年06月7日

音楽を楽しむ家もあと少しのところまで進んでいます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

足場が外れた後、完了検査、施主検査も無事に終わり、
今週末の引き渡しに向けて進んでいます。

この週末は施主施工することになった、マグネット塗料+黒板塗料塗りも行い、
まんぼうも微力ながらお手伝いをさせていただいて、こちらも無事に完成。

施主施工の範囲ということで、施工会社の方々はその場に居つつも当初は見守ってくださっておりましたが、
やはりいろいろ気になってしまうものか(笑)いつしか参加してくださってました。

今後は一部手直し、調整工事、クリーニング等が入り、引渡しです。

初めてお会いした時から1年半ほどの間にはお子さんも大きくなり、
いろんな場所を走りまわったり楽しんでくれるのが、とても楽しみになっています。

これまでの設計・監理の過程はコチラから >>音楽を楽しむ家

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
1階は白と黒のシンプルなつくりで、玄関の土間には白玉砂利を埋め込んでいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
キッチン廻り。大きな窓の上から持ち出したアングルの先には、吊り照明が取りつきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
左の黒枠サッシの中が家族の共通の趣味の場の音楽室。天井の高いリビングからお互いが見える場所にあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
左の壁が黒板壁。合板の上に塗っているので木目が浮き出る壁になっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
三角屋根の中はロフトになっていて、上からもいろんなところに繋がっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今回の照明器具は埋め込み以外はすべて、お施主さんセレクトの施主支給。統一感のある素敵な器具が入っています。

続・キッチンに集う家 取材がありました。

2015年11月18日

先日、今年の春に追加リフォームをした続・キッチンに集う家の取材がありました。
151118_02

今回は、「家を育てる」というテーマのウエブマガジンの取材で、
ご自分たちの住まい方の変化に合わせて、2度のリフォームをされたYさんご一家へのインタビューとして行われました。

あいにくのお天気模様でしたが、ちょっと久しぶりのYさんちはいつもとおなじくとても居心地が良く、
相変わらず素敵なお二人のセンスや、雑貨や書籍などのセレクトに、ライターさん達も時々話が脱線しながらも、
和気あいあいと進んでいきました。

もう9年も前の話になりますが、まんぼうにリフォームをご依頼いただくきっかけとなった雑誌も保管されていて、
その時のお話やその後の暮らしの様子など、合間の様子も見させてもらっているので、
気が付けば古い友達家族とお話させてもらってるような感覚お取材となり、楽しい時間を過ごさせていただきました。

掲載は少し先と思いますが、記事をまとめていただくのを、とても楽しみにしています。

これまでの様子はコチラから>> キッチンに集う家

前回リフォームについてはコチラから>>目黒Y:好きなモノに囲まれ友と家族とキッチンに集う生活

151118_01
9年の間に定まってきたいろんなモノの場所も作ったことで、これまでとは少し違った落ち着いた場所が出来ています。

続・キッチンに集う家 追加リフォームが完成しました。

2015年07月1日

続・キッチンに集う家として進めていたリフォーム工事が完成しました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

完成したところから使っていただきながら工事を進めていたので、全部揃ってお引き渡し、という形ではないのですが、
一通り完成したので最後の確認として、本日海老沢工務店さんとお伺いしてきました。

前回記事以降に取り付けたのは、子供のロフトの手すりや下の作業スペースと玄関側の収納の扉、キッチン対面下の収納棚に、
ロフトへの照明器具やテレビコンセントの移動を含めた配線工事など。

ロフトへ上がるハシゴは計画していた壁付けのタラップを止めて、今回は付けずにお気に入りを探すことにしましたが、
手すりは上る時に体重をかけることを考慮して、合板を貫通させたボルトでがっちり留めています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ロフト下の収納を兼ねた作業スペースは通路幅を60センチ、根太下で天井高さ1メートル45センチとしたのですが、
このこもり感がお子さんにも好評で、気が付くとここで本を読んでいたりするそうです。
(この足元は養生シートが残っていますが、床は前回リフォームで貼った黒の磁器質タイルでひんやりしています)

写真では見えませんが、子供机側との幅から生まれたデッドスペースを使って差し込む形で、
幅80センチ、高さ1.4メートルの大量のCDを収納するための収納ラックも制作。
使える場所は残すことなく、全て収納として使えるようにしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミシンのための場所は、通常のミシンやロックミシン、どちらもストレスなく使える大きさを確保し、
目の前と足元には、糸や布を収納できるように、棚もしっかり造作。配線のためのカウンターへの穴あけもしています。

また、集中できるだけでなく、やはりこの場所へも空気の流れは作りたいので、正面には開けられる子扉も設置。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この家では前回リフォームで作ったキッチンと浴室も小窓で繋がっているのですが、
今回のロフトと寝室、作業スペースと寝室など、いろんな場所を少しずつ繋げておくことで、
風通しや家族の会話のできる場所を作っています。

今回のリフォームでは、これまでに気に入っている雰囲気や広さ感を崩すことなく、限られた広さの中に、
子供と奥様のための場所と、たくさんのものを収める場所を作るか、ということが大きな課題だったのですが、
扉もすべて同じOSB合板で作ることで、これまでのイメージと連続した箱に、すべてが納まる形となり、
Yさんご一家にもとても気に入っていただき、私たちも嬉しい限りです。

というか、どこからが新しいのかわからないほど、あっという間に生活に馴染ませているYさんはさすがなのですが、
電気屋さんや監督さんも、毎回ここで奥様とご一緒する時間を楽しみにしていた、という楽しい現場でした。

そして、自分が設計したのですが、いろんなものが納まり明るくなっていく住まいを見ていたらなんだか羨ましく、
我が家の手つかずになっている場所もちょっといろいろ改装しようかな、、という欲も湧いてきたり(笑)。

住まいの更新にはきっかけも大事と思うので、この勢いを大切に、またいろいろ計画してみようと思います。

これまでの様子はコチラから>> キッチンに集う家

前回リフォームについてはコチラから>>目黒Y:好きなモノに囲まれ友と家族とキッチンに集う生活

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
扉がどこにあるかわかりますか?中は家族のための大きな収納、ファミリークローゼットになっています。

続・キッチンに集う家 子供の場所も出来てきました。

2015年06月17日

子供の場所を作るリフォームの現場では、生活になじみながら進んでいます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

住まいながらのリフォームということもあり、出来た場所には物を移動したり、使ってもらいながら進めているのですが、
今日はお子さんの場所にいろんな本や作品も納まってきて、なんとも賑やかに楽しそうな場所になっていました。

机の正面に使ったOSB材も良いアクセントになり(天板と側面はシナ合板)、新しいけどこれまでにもあったような、
なんだか自然に、これまでの造作になじんでいます。

リビングやキッチン廻りの造作、建具工事等がこれからのため、中身はまだ最終形ではないのですが、
お子さんの机の奥にあるスペースに奥様のミシンが無事納まっていたり、背面収納にもいろんなものがずらりと並び、
これまでの広さ感や抜け具合を損なうことなくいろんな場所が出来てきて、なんだかちょっと一安心。

まだ照明器具の取り付け手すり、キッチン廻りにも作り付ける棚などがありますが、
あと少し、完成に向けて進んでいます。

これまでの様子はコチラから>> キッチンに集う家

前回リフォームについてはコチラから>>目黒Y:好きなモノに囲まれ友と家族とキッチンに集う生活

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ロフトは天井高さ1.1m弱で、広さは4帖。奥の少しか囲まれた部分が息子さんの寝る場所になる予定です。

続・キッチンに集う家 ロフトも出来てきました。

2015年06月10日

昨日は子供の場所を作るリフォームの現場に。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先週の打ち合わせの後、大工さんが作り始めたのですが、早いもので大枠は組みあがり、
内部の棚や机、通気用の窓など、着々と工事は進んでいます。

住まいながらの工事なので、作業範囲だけシートで囲って進めているのですが、
それでも合板を切る時には粉が舞うもので、監督さん、お施主さんと一緒に少し喉がイガイガしてしまったり。。

ほぼずっと家にいらっしゃる奥様には、さらにいろいろご不便なところもあると思うのですが、
「子供と一緒に出来ていくのを楽しんでいます。」と言ってくださる奥様との時間はとても心地よく、
打ち合わせなのかただのお喋りなのか、ついつい監督さんと長居をしてしまうこともしばしば。

なんてこともありながらも、ロフトの手すりの位置、ロフトに上がるためのタラップの設置場所など、
昨日は実物を見ながらお施主さんにも確認いただき、最終調整をしながら進めています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お子さんの机コーナーもほぼ完成。奥行きは身体の小さい時でも届くように550として上部に棚を取り付け、幅は1100に設定。
本やランドセルは左横の棚に置けるようになっています。

あとは内部の棚の作り込みや建具、電気工事と進んで、今月の日にちを残すくらいで出来上がる予定です。

これまでの様子はコチラから>> キッチンに集う家

前回リフォームについてはコチラから>>目黒Y:好きなモノに囲まれ友と家族とキッチンに集う生活

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
工事で使っているクリップ付きの作業用照明。お施主さんのイメージに近く、これも検討中です。

続・キッチンに集う家 ロフトを作ります。

2015年06月4日

続・キッチンに集う家では、ロフト側の造作が始まりました。
150604_01

先週作った玄関側の収納に、週末を使って一度荷物を収めていただいたので、
今週からはリビング側の広くなったスペースに位置出しをして、子供と奥様の場所と、ロフトを作ります。

まずは図面上の寸法と実際の寸法の確認から。

以前のリフォーム時の図面を元にしているので、それほど大きな寸法のずれは無いのですが、
躯体の柱や壁の傾き等を測定して、どのラインに合わせるか、開口の位置や高さ、家具を収める場所の寸法など、
実際にテープで位置を出して、優先すべき数字や調整箇所について、監督さんと大工さんと決めて印をつけていきます。

そして奥様にも立ち会っていただき、それぞれの位置や造作範囲の寸法なども再度確認してもらって確定。

リフォームの場合、現況の寸法を優先するため、こうした現地での調整が必要となるのですが、
あとから予定していた物が入らない、、なんてことがないように、特にこの確認が大事になっています。

荷物を撤去していただいたことで出てきた、この床の広さも心地よいのですが、
手前にロフト付きのボリュームを作り、玄関側の納戸とロフトの間に寝室スペースができる予定です。

これまでの様子はコチラから>> キッチンに集う家

詳しい紹介はコチラから>>
目黒Y:好きなモノに囲まれ友と家族とキッチンに集う生活

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続・キッチンに集う家 電気の撤去から始めてます。

2015年05月26日

続・キッチンに集う家として子供の場所を作るリフォームが始まりました。
Exif_JPEG_PICTURE

昨日はまずは作業範囲の養生と一部解体に、移動や付け替えをする電気類の取り外しからスタート。

前回のリフォームでは躯体表しのままとし、配線類を剥き出しではなくすべて電設資材の鉄管に納めた仕様として、
フレキシブルに対応できるよう、ライティングダクトを使ったレイアウトにしていたのですが、
今回のリフォームでは玄関側にまとまった納戸を作る経過kとしたので、干渉する箇所の取り外しから進めています。

とはいえ、そのまま破棄するのではなく、使えるところに再利用をしていく予定なので、
電気屋さんと新しいスイッチやコンセントの場所を打ち合わせしながら、現況の配線と資材を外してもらっています。

それと、お施主さんの持たれていた既存の大きな収納家具を撤去して収納に作り替えるのですが、
こちらも工事で家具を解体して、搬出、撤去まで。

住みながらの部分リフォームであり、周囲を守りながら解体する必要があるので、
こちらは解体専門ではなく、内装屋さんが一つずつ丁寧に分解する要領で解体し、細かく刻んで袋詰めをして、搬出予定です。

取り外しと解体は昨日までで、今日は昨日まとめた廃材の撤去と追加の養生。
明日の水曜日から大工さんが入り、およそ1週間で玄関側の収納を作り、
現在リビング側に避難してある荷物を詰替えたら、今回の目的、奥の子供の場所作りへと進んでいく予定です。

これまでの様子はコチラから>> キッチンに集う家

詳しい紹介はコチラから>>
目黒Y:好きなモノに囲まれ友と家族とキッチンに集う生活

Exif_JPEG_PICTURE

続・キッチンに集う家 工事が始まります。

2015年05月19日

追加リフォームを進めていた目黒Y邸で、子供の場所を作る工事が始まります。
150519_01

調整していた内容と金額もまとまり、無事に工事がスタートすることとなりました。

前回のリフォームではスケルトンから水廻りとキッチンだけを作り、家具を仕切りとして使われていたのですが、
今回のリフォームでは、土間側から使う収納と、納戸となるファミリークローゼット収納に、
追加で手を加えるきっかけとなった息子さんのための場所とロフトに、奥様のための作業スペースなどを作り、
場所を使い分ける計画となっています。

とはいっても、住まいながらのリフォームですので一度に作るのではなく、
まずは土間側から場所を開けてもらって、収納を作ったら中に物を納めてまた次の場所を作る、という順番で。

昨日はまず土間を開けていただいたのですが、これまで少しずつ物が増えていき、
使ってない自転車やキャンプ道具などが山積みになっていた土間の床が久しぶりに出現し、
「改めてみると広かったんですね。。」なんて言葉ももらいながら、
改めての寸法どりや現況の電気ルートの確認からスタートしました。

これまでワンルームだった場所に収納で間仕切りを作るため、照明やコンセントは移動や追加などの工事も行うのですが、
電気工事は造作工事の合間を見ながら、使い勝手の良いところに調整しながら作っていく予定です。

本格的にスタートするのは来週からで6月末の完了予定まで、
Yさんにはご不便をおかけしますが、改めましてよろしくお願い致します。

詳しい紹介はコチラから>>
目黒Y:好きなモノに囲まれ友と家族とキッチンに集う生活

これまでの様子はコチラから>> キッチンに集う家

150519_02
12階にある玄関前からは目黒の雅叙園を見下ろす気持ちの良い立地ですが、材料はほぼ手運びとなる予定です。。

続・キッチンに集う家 子供の場所を作っています。

2015年03月24日

追加リフォームの相談をいただいた目黒Y邸では、子供の場所を作っています。
Exif_JPEG_PICTURE

これまでほぼワンルームだった室内に、作り付けの収納を使った間仕切りとロフトを作り、
息子くんが大好きなプラレールやトミカを使った情景を含めた情景を広げられる場所や、
洋裁をされる奥様の作業場所もきちんと確保できるように計画中で、
何度かの打ち合わせを経て、少し仕様の変更や見積もりの調整などを行っています。

お伺いをさせていただいた時に、最近の息子くんの作品を見せてもらったのですが、
プラレールを自分の好きなように塗り替え、新しく連結方法している様子はとてもセンスが良くて可愛らしく、
人が集まり、工事をして町を作っていく様子など、ストーリーを作って楽しむことが好きだとのことで、
当初計画よりも少し場所を広げる方向で進めることになりました。

いろいろと便利な道具もありますが、子供の頃だからできるこそできる遊びや作ることを楽しめるように、
よりいろんなことをしたくなるような場所ができる予定です。

※Yさんちではついつい長居をしてしまうのですが、昨日も大変長く喋ってしまいました。。
いつも楽しい時間をありがとうございます。

詳しい紹介はコチラから>>
目黒Y:好きなモノに囲まれ友と家族とキッチンに集う生活

これまでの様子はコチラから>> キッチンに集う家

川崎K・共に育つ家 その4

2012年08月7日

先日より紹介している川崎Kについて、今日は子供のためのスペースを紹介します。

この家の子供スペース、リビングを挟んだキッチン向かいのプレイコーナーは4帖です。
(写真左側がプレイコーナー、右側はご主人のワークスペースです)

当初は仕切りを設けず、リビング繋がりの遊び場として使いますが、
将来はここを2つに分けて、1人当たり2帖の子供部屋になる予定です。

え?2帖?、と思われるかもしれませんが、普段はリビングやダイニングで家族と過ごし、
集中したい時だけこもる勉強部屋であれば、2帖はちょうど良い大きさだと考えています。

それに2帖ですべてを収めるのではなく、その時は上のロフトを寝室として使いますので、
2帖+ロフト3帖=5帖の上と下で、モノと過ごし方など、場所を分けることもできます。

また、この家では1階の水廻り近くに家族全員の衣類をまとめたファミリークローゼットがあり、
この階には衣類収納は必要なく、自分の場所として使える床が5帖、となる予定なのです。

上の写真はロフトには、それぞれの場所から上がれるように2箇所の開口ありますが、
当初はそんなに使わないですし、穴が開いたままでは危ないので、フタをしています。

と、いろいろ想定して設計していますが、実際分けて使うのはまだずいぶん先でしょうし、
分けたとしても、その状態が必要な期間はそんなに長くないかもしれない。
それに、もしかしたら分けることはないのかもしれない、とも思います。

もちろん、家を建てる時には将来のライフスタイルも想定して対応することを考えますが、
できるだけ家族が一緒にいる時間を大事にしたい、というこちらのご家族では、
その時々のスタイルによって、変化できる可能性は確保しつつも、
あくまでベースとなる部分を作ることが大事なのでは、と考えて、このような形を提案しています。

上述のファミリークローゼットも、家族の時間を増やす提案の一つですが、
長くなりましたので、その話はまた次回に。

川崎K・共に育つ家 その2

2012年07月27日

昨日に続き、川崎K・共に育つ家の内部を少し紹介。

この家では、家族が一番長い時間を過ごすLDKは、2階にあります。

それは、周囲を囲まれる環境であることと、
プライバシーを守りながらも、明かりと風を存分に取り込みたい、との要望から、
ここでは2階がよい、と判断したからです。

実際、お向かいにもすぐ家がある立地環境ですが、
前面となる南側には奥行1間(約1.8m)のテラスを設けることで少し距離を取り、
手すりを兼ねて、お施主さんの身長と同じくらいの高さの目透し貼りをすることで、
お向かいの気にならない環境を作っています。

実際、お引き渡しから半年ほど経っていますが、この家ではカーテンを使っていないので、
今もこの明るさと開放感を維持しています。

左側に見えるスペースは、手前が将来の子供部屋となるプレイコーナーで、
奥はご主人のワークスペース。
その間にある壁には壁掛けのテレビを設置し、下部にAV機器の収納を設けています。
(少し反射して見える扉がAV収納。リモコンが効く素材で作っています)
上にあるのは、お子さんの将来の寝室であり遊び場の、ロフトスペースです。

この写真を撮るときに立っているのはキッチンの前ですが、
キッチンから見るとこんな感じ。

常に家族が見える環境で家事をすることができ、少しこもる環境となることで、
お互い干渉されすぎない、落ち着いた時間を持つことができるようになっています。

--------------------------------
と、まんぼうでは、家族の場所が常につながるLDKを作ることが多いのですが、
一緒に時間を楽しみたいからこと、個の時間を持つことのできる、
ちょっとこもる場所や目線が変わって落ち着ける場所を作ることが大事と考えています。

それは、ファミリーリビングだったりスカイリビングだったり、ロフトやアルコーブだったり。
ちょっと壁があったり段差があって目線が違ったり、作り方や名称は様々ですが、
設計の際には、常に意識していることです。
--------------------------------

その他、この家ではリビング廻りにも少し仕掛けがあるのですが、それはまた次回に。。